« 「八ッ場ダムカレー」を食べてダムカレー考案者に会う(放流編) | トップページ | 「八ッ場ダムカレー」を食べてダムカレー考案者に会う(3) »

「八ッ場ダムカレー」を食べてダムカレー考案者に会う(4)

←「八ッ場ダムカレー」を食べてダムカレー考案者に会う(3)

■ダムカレー考案者、宮島さん登場

まったくの初対面なのでとてもドキドキする。
ダムカレーの考案者はどのような人物だろうか。
そわそわしていると、店の奥から人の良さそうな男性が現れた。

(※話に夢中で写真を撮りそびれたので、ダムカレーのサービスショットでお楽しみください)

宮島さん「こんにちは、わざわざお越しいただきありがとうございます。」
私「はじめまして!突然お忙しいところ、すみません。」

宮島さん「いろいろダムに行かれているんですね。ブログ拝見しました。」

あらかじめ、宮島さんのtwitter宛に「ブログにダムカレーを掲載してもいいですか?」とURLをお送りしていたため、私が長野県の小渋ダムや美和ダムに行ったのもご存じだったようだ。
宮島さんは「ダムマニア」というサイトの運営をしている、根っからのダム好き。まさに「ダムマニア」である。そんなダムマニアの宮島さんにダムカレーについていろいろ聞いてみた。

P2053010 俯瞰からのショット。洪水吐きも福神漬けで再現。 


私「それにしても意外でした。和食屋さんでダムカレーだなんて。」

宮島さん「もともとは自分のまかない用に始めたことだったんですよ。」
私「ええ!そうだったんですか?!」
宮島さん「それがあるとき話題になりまして。それで裏メニュー化されてるわけです。」
私「なるほど。ということは、できれば自分だけの秘密にしたかったんですかね?」
宮島さん「だってあれ、1基施工するのに5分もかかるんですよ(笑)。」
私「ええっ?!そんなに?!」
と言いつつも内心は「あれほどしっかりと施工しているのに、5分しかかかっていないのか!」と熟練の技に驚く私。

P2052996 美しいアーチの手前から。本物のダムなら空撮しないと不可能なショット。

宮島さん「しかもダムカレーは私にしか施工できないので、7人で来られるとどうしても35分かかってしまう。」
私「それは大変ですね・・・」

宮島さん「でも、ダムカレーを出すからにはきちんとしたものを作りたいんです。ダムを知っている人が来るときは特に、壁を薄く施工したいって思うんです。」
私「確かに、今日私がいただいたアーチ式もすごく薄い壁でした。」

P2053005 均等かつしっかりと、薄く造られた堤体。

宮島さん「そうでしょう。小渋ダムに行かれたようだったので。小渋ダムは本当に壁が薄いですからね。あの壁で水を支えているかと思うと・・・」
私「頑張ってますよね、ダム。」
宮島さん「そうですね。他の店でもダムカレーあるの、ご存じですか?」
私「はい。まだ行ったことはありませんが、黒部にもダムカレーあるそうですね。」
宮島さん「他のダムカレーは堤防みたいな感じなんです。やっぱりダムはちゃんと『せき止め』られていないと。」
私「ダムがきちんとカレーをせき止める、役目を果たしてないと『ダムカレー』とは言えないってことですね。」

P2052998 ダム湖から堤体を眺める。貯水量が多い。


私「ところで、八ッ場ダムカレーなんですが。」

宮島さん「あれは、ほんのジョークみたいなものなんですけどね(笑)知っている人に楽しんでもらいたいという、遊び心で『こんなのもできます』って出しただけなんです。」
私「他に頼まれたお客様はいらっしゃいますか?」
宮島さん「前に、何も知らずに頼んだお客様から怒られたことがあります。『何でこんなの出すんだ!』って。」
私「確かに、知らない人が頼んだらびっくりされるかもしれませんね。」

 

八ッ場ダムカレーから学ぶこと。そしてダムマニアはダムのように懐の深い方でした

 

今回、改めて考えさせられたこと。
それは、八ッ場ダムのように、ただ「ダムがかっこいい」という
だけではダムファンは務まらないということだ。

ダム建設には、周辺地区の自然や、水没地区など、多くの犠牲が伴う。
しかしながら災害時や水源の確保など、私達の生活を支えてくれる、そんな心強い存在でもある。
ダム見学をする際、そういった問題にも目をむけ、学び、感謝していく気持ちを大切にしたい。
そして今回私がいただいた「八ッ場ダムカレー」は、今回この記事を書くにあたって、
改めてダム建設が引き起こす社会問題を考えさせられるいい機会となった。
この日の私のように、「八ッ場ダムカレー」を機に、少しでもダム問題について考え、
感じられるダムファンが増えればと思う。

ダムマニア、ダムカレー考案者、宮島さん。
ダムを語る宮島さんの目は本当にダムへの情熱に充ち溢れていた。

短い時間ではあったが、とても有益で楽しいひと時を過ごすことができた。
初対面にもかかわらず、お仕事中のお忙しい中ご協力いただいた宮島さんに感謝したい。

P2053033

宮島さん、シャッタータイミングが悪くてごめんなさい。

Japanese Restaurant 三州家   東京都墨田区本所4-17-3

TEL 03-3624-7019

         http://www.sansyu-ya.co.jp/rst/ 

ダムマニア  http://dammania.net/       

「八ッ場ダムカレー」を食べてダムカレー考案者に会う(放流編)→

|

« 「八ッ場ダムカレー」を食べてダムカレー考案者に会う(放流編) | トップページ | 「八ッ場ダムカレー」を食べてダムカレー考案者に会う(3) »

コメント

デイリーポータルZから来ました。

地元民としては非常に気分が悪いです。
この記事に怒りさえ覚えます。

投稿: 群馬県民 | 2011年2月11日 (金) 21時30分

そのコメントに怒りを覚えます。そんなこと書き込む暇があったら他のことに努力するべきでしょう。

投稿: tedhi28 | 2011年2月12日 (土) 14時55分

喧嘩腰になるのは如何な物でしょうか?
地元民の方はそれぞれの思いがあるのでしょうから
先ずは、群馬県民様が、何処の部分で何がどの様に不快であったのか、何故に怒りを覚えたのか
其処を明示された方が宜しいかと思います

同じくDPZから来ました。

投稿: ヤッカー | 2011年2月12日 (土) 15時06分

個人の趣味の、全く政治とは関係ないブログで
たった一言「怒りさえ覚えます」ってwwwwwwwww
お前さんが文句言わなきゃいけないのはこのブログ主さんなの?

違うだろ。怒りを覚えてるなら県なり国なりその他なり、
別に怒りをぶつけるところがあるだろ。
はい、自分でブログでも作って勝手にわめいてなさーい
いい迷惑

投稿: | 2011年2月12日 (土) 20時28分

僕も昔吾妻峡の近くに住んでたので怒りを覚えます。
八ッ場ダム予定地には、既に周辺工事として付け替え道路や一部骨組みが出来ています。
そこまで再現せずにただ川の流れだけ福神漬で表現されて八ッ場ですってのはどこでもいい訳で。
抗議したいです(w

投稿: | 2011年2月13日 (日) 16時28分

あのさ、
ダム造る造らないは別だと思うよ。
でも、ダムカレー屋さんはたぶんこう言うよ。
「ダムはあれば役に立つ、それだけ」
ってな。

投稿: ダムカレー愛好家 | 2011年2月13日 (日) 20時39分

ダムカレーって、ダムとそこにせき止められている水を再現している訳だから、
ダムが完成して無くて、水がせき止められて無ければ、ああいう表現になってもおかしくないと思う。

投稿: 2 | 2011年2月14日 (月) 15時01分

で、結局。
コドモ侍さんからのコメントは無しなの?

投稿: | 2011年2月14日 (月) 21時14分

連休中、遠出していたもので、コメントが遅れてしまいました。

まず、私の記事で地元の方が気分を害されてしまったこと、本当に申し訳なかったと思っております。
私個人としましては、「ダムカレー」を切り口にもっとダムに目を向けてもらい、ダム建設が引き起こす社会問題にも興味をもってもらえたら・・・と思い、記事を書いています。

こんな記事ごときで何が変わるものか、と思われるかもしれません。
ただ、少なくとも私は(記事にも書かせていただきましたが)八ッ場ダムの建設問題について、もっと知りたいと思いましたし、ダムが引き起こす社会問題についても目を向けていかなければならないと改めて考えさせられました。

もしも差し支えなければ、今後の参考のために、
テーマ設定に問題があったのか、書き方・取り上げ方に問題があったのかなど、
教えていただけますと幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: コドモ侍 | 2011年2月15日 (火) 03時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「八ッ場ダムカレー」を食べてダムカレー考案者に会う(放流編) | トップページ | 「八ッ場ダムカレー」を食べてダムカレー考案者に会う(3) »