« 「八ッ場ダムカレー」を食べてダムカレー考案者に会う(4) | トップページ | 「八ッ場ダムカレー」を食べてダムカレー考案者に会う(2) »

「八ッ場ダムカレー」を食べてダムカレー考案者に会う(3)

←「八ッ場ダムカレー」を食べてダムカレー考案者に会う(2)


■「八ッ場ダム」とは?

では、「八ッ場ダムカレー」をご覧ください!と言いたいところだが、「八ッ場ダム」をご存じない方にも理解していただけるよう、少しだけ「八ッ場ダム」についてご紹介したい。

八ッ場ダムは、カスリーン台風級の、大水害から周辺地域を守るため、さらには首都圏の水需要にこたえ、「首都圏最後の水瓶」となるべく1994年に建設が始まったダムである。
ところが、ダムの建設が進むと川原湯温泉街や340世帯が水没してしまうため、移転をしなければならない。さらには天然記念物の吾妻峡の中間部にダムが建設されてしまうことから、観光資源の喪失などが懸念され、反対運動も起こっている。
群馬県にある吾妻川をせきとめてつくろうという計画が持ち上がり、早62年。未だ建設途中のダム、それが八ッ場ダムである。

※現在はダム本体工事は行われていないものの、道路や橋脚などのダム関連工事は継続されているようです。


■いよいよ「八ッ場ダムカレー」登場!

本体工事が行われていないダムのカレー。

一体どのようにダムを表現しているのか、さっそくご覧いただきたい。

P2052985_4   でーーーーーーーーん!!!! 八ッ場ダムカレー 260円!!!

どんぶりに赤い福神漬けの川(=吾妻川)が流れているというシンプルな出で立ち!

P2052986

くっきりとVの字を作る様子は本物の吾妻川さながら。

Gosaigawa 地図と見比べてみるとよくわかりますね。

ブラック×レッドというかっこいい色組み合わせ!

そして吾妻川を彷彿させるこの曲線!Vの字!

一緒についてくるワカメのお味噌汁から立ち上るいい香りと温かい湯気!

P2052988_2 反対サイドから撮っても美しいVの字。

P2053019 八ッ場ダムカレー?吾妻川を容赦なく食べる私。

もはやカレーではない!ダムでもない!八ッ場ダムカレーは福神漬けだ!(そのまま)

おばちゃんの一言

おばちゃん「・・・八ッ場ダムカレー、やってみる?」

が今になって胸に沁み、そして笑えてきた。もはやダムでもカレーでもないダムカレーがここ、墨田区にはある。

 

■もちろんアーチ式ダムカレーもいただいた。

「八ッ場ダムカレー」=メイン

「アーチ式ダムカレー」=サブ

といいつつも、やはりダムカレーはテンションが上がる。
というか、さっきまで食べていたのはダムカレーじゃないし!
川福神漬けだし!でもなぜか心が小躍りしているのはどうしてだろう。

P2052992

お・・・!

P2053007_2 おおおっ・・・!!

P2053008 おおおおおおおっ・・・・・!!!

ダムダムダムダムダム!!!!

おばちゃんが持ってきてくれたダム!!!!!

おばちゃんありがとうダム!!!!!!

私がサブで頼んだはずのダムカレーが目の前にやってきた瞬間、森の小道を迷いながら進んで行って、突然現れたあの小渋ダムの姿が脳裏をよぎった。

Dscf6927 アーチが美しい小渋ダム。

ホントだ!カレーじゃない!ダムだこれ!さらにおばちゃんはハイテンションになっている私に嬉しいひと言を放った。

おばちゃん「せっかくだから、(ダムカレーの考案者に)会ってみる?」

私「・・・・(おばちゃんーーーー!あんた神だよ!!!)!!!!!」

というわけで、ダムカレーを完食し、考案者を待つ。

「八ッ場ダムカレー」を食べてダムカレー考案者に会う(4)→

|

« 「八ッ場ダムカレー」を食べてダムカレー考案者に会う(4) | トップページ | 「八ッ場ダムカレー」を食べてダムカレー考案者に会う(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「八ッ場ダムカレー」を食べてダムカレー考案者に会う(4) | トップページ | 「八ッ場ダムカレー」を食べてダムカレー考案者に会う(2) »